業務効率化に繋がる派遣管理システムナビゲーション » 派遣管理システム選びで注目すべきポイント

派遣管理システム選びで注目すべきポイント

公開日:|更新日:

派遣管理システムを導入するにあたり、具体的にシステムのどのようなポイントに注目すればよいのでしょうか。失敗しないシステム選びのために抑えておきたいポイントを、「法改正への対応」「e-Govとの連携」「検索機能の充実」「安定したサポート体制」の4つに分けて紹介します。

派遣管理システムの法改正への対応

法改正への対応に関して、常に改正を続ける派遣法や労働法に柔軟に対応できる管理システムを選ぶことが重要です。法改正への対応力を見極めるポイントの一つとして、「システム運営会社に人材派遣関連の法律に関するプロが在籍しているか」があります。

システムの運営会社が社会保険労務士と提携している、あるいは業界を牽引する企業のノウハウに基づいて随時新機能が実装される、といったような派遣管理システムを利用すれば、業務効率化だけでなく自社のコンプライアンス強化にもつながります。

「人材派遣ビジネスに関する法律の知見を持った専門家が関わっているシステムかどうか」という観点から派遣管理システムを選ぶことが重要です。

派遣管理システムとe-Govとの連携

e-Gov(イーガブ)との連携に関して、総務省管轄の行政情報ポータルサイトe-Govはうまく利用すれば公的申請手続きを大幅に効率化することができます。

ビジネス拡大のためには、手間のかかる手続き業務はできる限り効率化する必要があります。そのためにも、e-Govと連携した派遣管理システムを導入することは非常に効果的です。

派遣管理システムの検索機能の充実

検索機能の充実に関して、スタッフ情報や顧客情報の登録・検索機能といった基本機能はもちろん重要です。

さらに、取引先との契約内容検索や、スタッフの勤怠情報検索機能、取引先への請求管理といった便利な機能を搭載したシステムを導入すれば、より大幅な業務効率化の実現につながります。

派遣管理システムの安定したサポート体制

安定したサポート体制に関して、派遣管理システムはスタッフ管理や顧客管理などの機能面や導入コストだけでなく、システム導入時・導入後のサポートが用意されているかという観点で選ぶことが重要です。

初期設定や稼働テストの実施、無料トライアル期間といった導入サポートや、無料ヘルプデスク、社員向けセミナーなどの運用サポートが整ったシステムを選ぶことが、導入後のシステム運用の成功につながります。

ENGLISH TITLE
 
【e-Gov対応】
売上アップ・業績拡大を目指す
派遣会社向けの管理システム4選

「スタッフ管理」「顧客管理」「契約管理」「勤怠管理」「給与・請求管理」が一括で対応でき、尚且つe-Govとの連携がなされているシステムを厳選。単純なシステム比較だけでは見極めきれない使いやすさについて、データの取り込みや連携、サポート体制など、さらに踏み込んだ項目を比較してみました。(2021年1月調査時点の情報です)

▼横にスクロールできます▼

  派遣管理に必要な機能がオールインワン 派遣から紹介までワンストップで管理 無料で利用できるヘルプデスクを用意 オプションによる拡張機能が充実
 
The Staff-V
STAFF EXPRESS
マッチングッド
オルディア
機能
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
特長 基本的な機能だけではなく、データのインポート・エクスポート、マイナンバー管理機能など、人材派遣ビジネスに必要な機能を標準装備している。 人材紹介や業務請負委託などのビジネスの業務管理にも対応したシステム。ユーザーの要望に合わせて有償でカスタマイズも可能。 システムを導入したユーザーが無料で利用できるヘルプデスクを設置。導入事例に基づいた最適な項目設定を案内する。 オプションでWeb上で勤怠管理を完結させる機能や、スタッフのマイナンバーを登録・帳票出力する機能、マイページ機能などの便利機能を拡充できる。