派遣管理システム選びで失敗することはある?

公開日: |更新日:

ここでは、派遣管理システムの導入で失敗する原因と対策を紹介しています。具体的な失敗事例と対策ポイントを解説しますので、参考にしてください。

派遣管理システム選びで失敗しやすいポイント

社員がシステムを使いこなせない

派遣管理システムは便利なツールですが、それを自在に使いこなせる人材がいなければ、宝の持ち腐れとなってしまいます。

例えば、十分な機能を備えたシステムを導入したにもかかわらず、十分に使いこなせない、または業務にフィットしなかったために、成果が挙がらず月額利用料だけを払い続けることになったというケースは少なくありません。

このように派遣管理システムの導入を失敗に終わらせないためには、ソフトを取り扱う社員一人ひとりが十分に使いこなせるようにすることが大切です。

そのためには、システム提供会社の導入サポートを受けて、現場に定着しやすい環境を整備したり、自社の業務にマッチしたシステムを選ぶために、ITリテラシーの高い人材を担当者として登用したりすることが必要になります。

選んだソフトが業務に向いていない

派遣管理システムは、自社の業務に適したものを選ぶことが重要です。

価格の安さや、ユーザーレビューの良し悪しだけで選んでしまうと、結局、十分な運用や定着ができず、導入が失敗に終わってしまう可能性があります。

したがって、慌ててシステム導入を決める前に、自社の業務が抱えている問題点を明らかにし、その問題を解決できるシステムやソフトを選んで導入することが大切です。

必要な機能が揃っていない

システムを導入してはみたものの、自社に必要な機能が揃っていなかったために、失敗に終わってしまったという事例はよくあります。

一口に派遣管理システムといっても、搭載されている機能やツールは製品によって異なります。表面的にはたくさんの機能が搭載されて充実しているように見えても、自社に必要な機能や、肝心なツールが抜けていた、というケースは少なくありません。

そのため、システムを選ぶ際は、「自社で行う人材派遣管理業務に必要な機能がすべて揃っているか?」を確認するようにしましょう。

また、派遣管理システムは、勤怠管理やスタッフ管理など各機能が連携することにより、同一システムで複数の作業を同時に行えるようになるのが理想です。

ところがシステムによっては、各機能の連携ができないケースもあるため、この点も注意深く確認しておく必要があります。必要な機能が揃っており、なおかつ各機能の連携ができるシステムを選ぶと良いでしょう。

カスタマイズに非対応

派遣管理システムの導入では、カスタマイズ性を考慮したソフト選びが重要です。ここで言うカスタマイズは、自社の環境や業務に合わせてソフトを設定しなおすことを意味しています。これにより、さまざまな状況変化に対応しながらシステムを常に適した状態に保つことができます。

ところが、システムによってはカスタマイズ機能が備わっていなかったり、備わっていてもカスタマイズ後に不具合が生じやすくなるというケースもあったりするため、十分に注意が必要です。

そのためシステム導入を検討する際は、カスタマイズ機能の有無を確認するのはもちろん、カスタマイズした後の運用や定着がスムーズに行えるかどうかもチェックしておきましょう。

システムに柔軟性がない

派遣管理システムは「柔軟性」を備えていることも重要です。例えば、実際の給与体系は複雑であるにもかかわらず、システム上である特定のパターンに固定化されてしまうと、給与計算業務の効率が悪くなり、システム導入が失敗に終わってしまう可能性があります。

そのため、設定できる項目を多くできる、利用状況に合わせてカスタマイズしやすいなど、柔軟性の高いシステムを導入することが必要です。

同時利用ができない

派遣管理システムは、複数人で同時利用することが大前提です。システムは一つでも、複数のスタッフが同時に作業を行うことで、効率的な派遣管理業務を行えるようになります。

しかし、システムによっては同時利用ができないケースもあるため、導入前に確認しておくことが大切です。できれば、同時利用できる人数の上限や、同時利用した場合の負荷などについても問い合わせておくと良いでしょう。

派遣管理システム会社がサポートしてくれない

はじめて派遣管理システムを導入する場合は、システム提供会社のサポートを受けながら運用・定着を図るということも多いかもしれません。

ところが、そのサポートにおける対応の仕方が悪くて、運用や改修が十分に行えないといったケースは、よくある失敗例の一つです。

システム上のあらゆる問題や改善に全て自社で対応できれば、それに越したことはありませんが、はじめての場合はそうもいかないので、提供会社のサポートは非常に重要になります。

そのため、提供会社のサポートの質は注意深く見ておいたほうがいいでしょう。

派遣管理システム選びで失敗しないためには?

派遣管理システム選びで失敗しないためには、自社のニーズに合ったものを選ぶことが重要になります。

「価格を抑えたい」「機能を充実したい」「カスタマイズしやすいものがいい」など、ニーズが多くある場合は、優先順位を決めてから選ぶのが正攻法です。

また、システムを導入することで、何を実現したいのか?どのような問題を解決したいのか?といった目的を明確にして、それに適したシステムを選ぶことにより、失敗を回避できるでしょう。

おすすめの派遣管理システムは?

ここまで、派遣管理システム選びで失敗しやすいポイントについて紹介してきました。このサイトでは、自社の目的別にあわせた派遣管理システムを紹介しています。派遣管理システムの導入を検討している人は是非ご参考ください。

ENGLISH TITLE
 
【e-Gov対応】
売上アップ・業績拡大を目指す
派遣会社向けの管理システム4選

「スタッフ管理」「顧客管理」「契約管理」「勤怠管理」「給与・請求管理」が一括で対応でき、尚且つe-Govとの連携がなされているシステムを厳選。単純なシステム比較だけでは見極めきれない使いやすさについて、データの取り込みや連携、サポート体制など、さらに踏み込んだ項目を比較してみました。(2021年1月調査時点の情報です)

▼横にスクロールできます▼

  派遣管理に必要な機能がオールインワン 派遣から紹介までワンストップで管理 無料で利用できるヘルプデスクを用意 オプションによる拡張機能が充実
 
The Staff-V
STAFF EXPRESS
マッチングッド
オルディア
機能
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
特長 基本的な機能だけではなく、データのインポート・エクスポート、マイナンバー管理機能など、人材派遣ビジネスに必要な機能を標準装備している。 人材紹介や業務請負委託などのビジネスの業務管理にも対応したシステム。ユーザーの要望に合わせて有償でカスタマイズも可能。 システムを導入したユーザーが無料で利用できるヘルプデスクを設置。導入事例に基づいた最適な項目設定を案内する。 オプションでWeb上で勤怠管理を完結させる機能や、スタッフのマイナンバーを登録・帳票出力する機能、マイページ機能などの便利機能を拡充できる。