公開日: |更新日:

業務効率化に繋がる派遣管理システムナビゲーション

最適な派遣管理システム選び
【2つの目的から考える】

業務効率化・工数削減のため、自社に最適な派遣管理システムを導入するにはどうするべきか。まずは導入目的をより明確化し、その上で必要な機能が搭載されたシステムを比較しましょう。

売上アップ・業績拡大
  • 管理データが膨大で、スタッフや顧客を増やせない
  • 派遣社員の管理項目
  • 部署の連携が取れず、スタッフからクレームがきた
  • 社労士への依頼で費用も工数もかかる
  • 給与締め日や支払いが煩雑化している
作業の整理・現状維持
  • ExcelやAccessで増築をし続けた結果、管理が煩雑になってしまった
  • 人件費削減のために、事務的な作業工数を減らしたい
  • 年末調整にあまり問題は発生していない

派遣管理システムとは

派遣管理システムは、人材派遣業の業務を効率化するためのシステムです。 求人情報やスタッフ情報、派遣先の情報など、多くのデータを一元的に管理し、自動化することができます。 これにより、スタッフの管理や給与・勤怠の管理などがスムーズに行えます。

システム導入により、業務の効率化やマッチングの精度向上、セキュリティの強化などのメリットがあり、 人材管理のコスト削減が可能となります。

Point

人材派遣管理システムの選び方

システムの種類を把握する

システムの種類を把握する

「ITツールの導入・活用」が88ポイントと最も多い結果となりました。効率化のためにITツールの必要性を感じている人は多いようです。

自分達が効率化していきたい業務に合わせて対応しているツールを選択することが重要です。

派遣管理システムは多様で、その用途によって選ぶべきシステムの種類が異なります。

  • マッチング機能が強化されたタイプのシステム

スタッフと企業のマッチングを助ける機能が豊富に備わっています。

スタッフのスキルや経歴などの情報を管理し、派遣会社とスタッフ間のコミュニケーションを円滑にすることが可能です。また、スタッフの定着を促進する機能も充実しているため、スタッフと企業でのミスマッチを防ぎ、長期定着を目指す場合に適しています。

もっと見る

  • 「派遣先の管理や営業に特化したタイプ」のシステム

派遣先企業の情報を一元管理し、営業活動を強化するのに役立ちます。

派遣先企業に関する営業活動から受注、派遣までの一連の流れをシステム上で可視化できるため、 現状把握が容易です。さらに、検索機能やスタッフへのフォローアップ機能も充実しています。

  • 「労務・給与管理に特化したタイプ」のシステム

スタッフの労務や給与の管理をシステム上で行い、人材派遣会社の業務負担を軽減します。

システム上で勤怠管理が可能なため、スタッフの出退勤時間をリアルタイムで確認できます。また、残業時間の自動集計機能があるため、スタッフの勤怠管理の誤りや手間を減らすことができます。派遣元と派遣先の双方の業務負担を軽減が期待できるでしょう。

料金・価格相場を確認する

人材派遣管理システムの料金は、システムがサブスク(サブスクリプション)型か買い切り(オンプレミス)型かによって変わります。自分が必要とする機能と要件を満たすサービスの料金を確認しましょう。

  • サブスク(サブスクリプション)型

サブスク型は初期費用を抑えられる点でメリットがあります。

月額従量課金タイプの場合、初期費用は大抵無料のものが多く、1ユーザーあたりの料金は約10,000円が一般的です。 一方、固定費用タイプの場合、毎月の料金は10,000円から50,000円程度が目安です。

  • 買い切り(オンプレミス)型

カスタマイズ性の高さが買い切り方の良い点ですがその一方で、初期費用が大きくなりがちな傾向があります。

価格はサービスごとに異なるため、興味があるサービスについては、直接問い合わせてみましょう。

Reasons

派遣管理システム選びの6項目
【導入しやすさ&使いやすさにこだわる 】

派遣管理システムを選ぶ際、「スタッフ管理」「顧客管理」「契約管理」「勤怠管理」「給与・請求管理」といった、基本的な管理機能が搭載されているかは必ず確認すべき部分です。さらに導入をしやすいか、どの部署でも使いやすいかを見極めるために注目したい項目を解説します。

スタッフデータ
取り込み

派遣管理システムを新規導入する際に、必ず必要な機能です。また、運用時にも別途作成されたExcelデータから簡単に取り込みができると、スタッフへのリアルタイムなアプローチが可能となります。

顧客データ取り込み

こちらも新規導入に欠かせない機能です。顧客データの管理を取り込み可能なフォーマットに落とし込むことで、派遣管理システムを直接使用できない場合でも、素早く反映をさせることができます。

勤怠データ取り込み

クライアント先で勤務する派遣スタッフの勤怠データ取り込み機能は、経理・給与関係の工数削減のために必須です。企業規模拡大に伴う締め日・支払日の煩雑化に対応できるかも加味しましょう。

CSVエクスポート

システムへのインポート(取り込み)だけでなく、エクスポート(取り出し)機能があるシステムならば、世代ごとのデータ管理が容易に。いつの時点のデータに戻したい、変更点を参照したいといった場合に役立ちます。

クラウド対応

クラウド型の派遣管理システムならば、サーバー構築が不要で安価かつ手軽な導入ができます。さらに派遣法の改正を瞬時に反映させられるため、派遣分野ではとりわけ重要なポイントです。

訪問サポート対応

せっかく充実したシステムだったとしても、使いこなせなければ意味がありません。また、年末調整など年に数回しか使用しない機能の相談など、訪問によるサポートがあるとより安心です。

Four Selections

売上アップ・業績拡大を目指す
派遣会社向けの管理システム4選

業務効率化・事業拡大を考え派遣管理システムを導入するのならば、すべての業務を一括管理できることが必須。さらに年末調整などで膨大な時間がかからないよう、システム導入と共にe-Govへの対応もすべきです。
まずは「スタッフ管理」「顧客管理」「契約管理」「勤怠管理」「給与・請求管理」が一括で対応でき、尚且つe-Govとの連携がなされているシステムを厳選。単純なシステム比較だけでは見極めきれない使いやすさについて、データの取り込みや連携、サポート体制など、さらに踏み込んだ項目を比較してみました。(2021年1月時点の情報です)

▼横にスクロールできます▼

  The Staff-V(旧:The Staff-2000) STAFF EXPRESS マッチングッド オルディア
 

必要な機能が
オールインワン

派遣から紹介までワンストップ管理

無料で利用できるヘルプデスク

オプションによる拡張機能が充実

機能
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
特長 基本的な機能だけではなく、データのインポート・エクスポート、マイナンバー管理機能など、人材派遣ビジネスに必要な機能を標準装備している。 人材紹介や業務請負委託などのビジネスの業務管理にも対応したシステム。ユーザーの要望に合わせて有償でカスタマイズも可能 システムを導入したユーザーが無料で利用できるヘルプデスクを設置。導入事例に基づいた最適な項目設定を案内する。 オプションでWeb上で勤怠管理を完結させる機能や、スタッフのマイナンバーを登録・帳票出力する機能、マイページ機能などの便利機能を拡充できる
More detailed

【e-Gov対応】
派遣管理システムの詳細

「スタッフ管理」「顧客管理」「契約管理」「勤怠管理」「給与・請求管理」が一括で対応でき、尚且つe-Govとの連携がなされている4つのシステムについて、より詳しく紹介いたします。

The Staff-V(旧:The Staff-2000)

The Staff-Vの公式HPのキャプチャ
引用元:The Staff-V(旧:The Staff-2000)公式HP
https://www.huapp.co.jp/

人材派遣ビジネスに必要な管理機能がこれひとつで

2006年にはIT系経営百選の最優秀賞にも選ばれた(※1)「The Staffシリーズ」の最新版。老舗システムとしての経験を基に、人材派遣サービスに必要な機能に加え、データのインポート・エクスポート、バックアップなどのファイル管理機能やマイナンバー管理機能など、利便性の高い機能がすべて標準装備されています
※1 The Staff-V(旧:The Staff-2000)公式サイトより(https://www.huapp.co.jp/company/)

The Staff-Vの公式HPのキャプチャ
引用元:The Staff-V(旧:The Staff-2000)公式HP
https://www.huapp.co.jp/

The Staff-V(旧:The Staff-2000)の機能

  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSVエクスポート
  • クラウド対応
  • 訪問サポート対応

The Staff-V(旧:The Staff-2000)の特長

戦略的事業展開を叶える一元管理

2021年現在、30年以上も続く派遣管理システムとしての知識・技術を生かし、完全な一元管理を叶えるための機能を標準で搭載。法令の改正にも即時対応するなど、事業拡大を支えるシステムです。

専属スタッフの訪問による手厚いフォロー

The Staff-V(旧:The Staff-2000)を円滑に導入できるよう、会社ごとに専属スタッフを配置。訪問した上でのアドバイス・フォローを実施しています。導入フォローは各企業の目標や業務に合わせて実施。訪問頻度や回数は最適なプランを提案しています。

個別セミナーによるデモを随時実施

システムの導入企業に向けて、要件や環境に応じた使用方法のデモンストレーションや、年末調整や賞与などの時期ごとに発生する特別な対応へのセミナーを無料で実施。せっかくシステム導入をしたけれど使いこなせないというリスクが発生しません

The Staff-V(旧:The Staff-2000)の導入事例

一元管理によって事務効率が大幅に向上

スタッフ管理、クライアント管理、給与、請求などの一元管理が実現し、事務効率が大幅にアップしました。情報を共有できる点が最大のメリットです。たとえば、スタッフさんからの電話での問い合わせがあっても、同じことを何度も聞くことがなくなりました。
さらに前の問い合わせ内容の履歴がわかるので、担当者が代わっても応対内容をきちんと引き継ぐことができ、スタッフさんは安心できるようです。また些細なことですが、連絡履歴欄の入力文字数が多い点も使いやすくて助かります。
引用元:株式会社ヒューアップテクノロジーHP(https://www.huapp.co.jp/company/)

契約後のフォローが雲泥の差

サポートの対応が良いです。マニュアルではわからない点も、電話ですぐに解決してもらえます。私はあまり説明がうまくないのですが、派遣会社の仕事をよくご存知でこちらの聞きたいことを汲み取って頂けます。
年に1度は担当のサポートさんが来られて直接色々教えてもらえるのもありがたいです。当社は毎年、社会保険の算定のやり方を教えに来てもらっているのですが、すごくわかりやすくて感謝しています。
引用元:株式会社ヒューアップテクノロジーHP(https://www.huapp.co.jp/company/)

The Staff-V(旧:The Staff-2000)の操作画面

引用元:The Staff-V(旧:The Staff-2000)公式HP https://www.huapp.co.jp/service/staffv/?argument=ScXITlgT&dmai=CS2087_B08341_1&_ebx=6fg816n6u3.1652409866.7tgusvx

The Staff-V(旧:The Staff-2000)の詳細

費用 不明
トライアルの有無 不明

The Staff-V(旧:The Staff-2000)の新着情報

  • 2024.02.21
    第2回ユーザー会主催セミナー開催
    2023年4月に発足したヒューアップ ユーザー会による、第2回セミナーを開催することになりました。
  • 2024.02.20
    【The Staff-V】労働条件明示ルール改正への対応予定について
    2024年4月1日に施行される労働条件明示ルール改正につきまして、「The Staff-V」での対応予定をご案内いたします。
  • 2024.02.05
    ユニリタマガジン vol.74発行のお知らせ
    弊社グループの季刊誌「ユニリタマガジン」のvol.74が発刊されました。

※公式サイトの情報より抜粋

STAFF EXPRESS

STAFF EXPRESSの公式HPのキャプチャ
引用元:STAFF EXPRESS公式HP
https://www.staffexpress.jp/

派遣から紹介までワンストップで業務管理

スタッフ登録から案件登録、担当者割り振り、勤怠管理や給与・請求管理、マイナンバー管理など、人材ビジネスにおいてデータ管理が必要な全フェーズをワンストップで管理できるSTAFF EXPRESS。導入企業からの意見や要望を反映させながら、2021年時点で1万点以上の機能拡充を繰り返すなど、使いやすさの最適化にこだわっています

STAFF EXPRESSの公式HPのキャプチャ
引用元:STAFF EXPRESS公式HP
https://www.staffexpress.jp/

STAFF EXPRESSの機能

  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSVエクスポート
  • クラウド対応
  • 訪問サポート対応

STAFF EXPRESSの特長

幅広い人材ビジネスの
管理に対応

スタッフ登録から案件登録、担当者割り振りといった基本機能はすべて、人材派遣だけでなく人材紹介、さらには業務請負委託などのビジネスの業務管理にも導入できるよう調整されています

継続的な機能拡充を実行

人材業界が常に変化し続けるなかで、利用企業の使いやすさを追求しブラッシュアップ。2021年時点で1万点以上の機能拡張を繰り返すことで、法令遵守なども含め、最適化ができるように対応されています

自社に合わせた
有償カスタマイズ

STAFF EXPRESSはユーザーの要望やニーズに合わせて、専属のスタッフがヒアリング。「こんな機能をつけたい」「このような仕様にしたい」という要望に応えられるよう、有償で各機能をカスタマイズできます

STAFF EXPRESSの導入事例

業務効率が改善し、スタッフの満足度も向上

「STAFF EXPRESS」は、従来の業務に合う人材派遣管理システムで、以前から日常的に使っていた日払いや売上管理といった機能が搭載されていただけでなく、既存の業務に合わない部分はカスタマイズもできるため、無理なく導入できると考えました。
また、スタッフとの電話やメールによる連絡に不便さを感じていた本事例のS社にとって、人材派遣管理システムとの連携サービス「STAFF EXPRESS NEO(スタッフエクスプレスネオ)」が利用できるのも魅力を感じた点の一つです。
引用元:株式会社エスアイ・システム公式サイト(https://www.staffexpress.jp/blog/introduction-example/example-of-changing-the-staffing-management-system-to-the-cloud-type/#toc_id_2)

顧客情報の一元管理とユーザーへの細かい権限設定が可能に

スタッフ向けサービスと自動で連携させるカスタマイズが可能で、今まで各拠点ごとに行っていたCSV連携作業は一切不要になるのです。
また、人材派遣管理システムを活用して得意先を一元管理すれば、重複して登録する必要がなくなるだけでなく、得意先No.を企業No.と本支店No.とで管理でき、体系的に得意先を見直せるようになる点も、今回の事例でE社が人材派遣管理システムを選定する際にメリットを感じたポイントのひとつでした。
引用元:株式会社エスアイ・システム公式サイト(https://www.staffexpress.jp/blog/introduction-example/a-case-where-cooperation-could-be-strengthened-as-a-result-of-changing-the-staffing-management-system/)

STAFF EXPRESSの操作画面

引用元:エクスプレス公式Youtubeチャンネル(https://www.youtube.com/watch?v=EfFdRhL_t00)

STAFF EXPRESSの詳細

費用 初期費用0円/月額25,000円~
トライアルの有無

STAFF EXPRESSの新着情報

  • 2023.04.05
    STAFF EXPRESS「NEO」人気の機能7選を解説
    総務省統計局による労働力調査によると、2022年の非正規職員・従業員数は2,101万人で、前年に比べて26万人の増加(3年ぶりの増加)となっています。
  • 2023.04.05
    【期限迫る】電子帳簿保存法の対応に必要なこととは?今すべきことを解説
    「電子帳簿保存法(電帳法)」とは、所得税や法人税、相続税といった国税に関する帳簿または書類を電子データで保存できる法律です。
  • 2023.04.01
    【STAFF EXPRESS対象】IT導入補助金2023のお知らせ
    2023年度から補助対象が拡大!

※公式サイトの情報より抜粋

マッチングッド

マッチングッドの公式HPのキャプチャ
引用元:マッチングッド公式HP
https://www.matchingood.co.jp/haken/

システム導入後に無料で利用できるヘルプデスク

派遣サービスと人材紹介サービスに役立つ管理機能を搭載したマッチングッド。人材業界専門の社会保険労務士が顧問となっているため、法改正にも迅速かつ柔軟に対応できます。また、システムを導入した企業が無料で利用できるヘルプデスクを用意しており、メールやチャットで常時対応してくれます

マッチングッドの公式HPのキャプチャ
引用元:マッチングッド公式HP
https://www.matchingood.co.jp/haken/

マッチングッドの機能

  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSVエクスポート
  • クラウド対応
  • 訪問サポート対応

マッチングッドの特長

高い契約継続率を誇る
丁寧なサポート体制

マッチングッドの無料ヘルプデスクでは、今までの導入事例に基づいた最適な項目設定を案内。さらにシステムを使用する中で生じた疑問や質問をメールやチャットで常時受け付けています。導入企業を対象としたアンケート結果では、契約継続率は99.3%という高水準を保っています(2018年時点、公式サイトより)。

派遣・紹介の両分野で
利用可能

マッチングッドの求職者情報や派遣先・紹介先企業情報から勤怠管理、給与・請求管理機能は、派遣サービスだけでなく、人材紹介サービスを営む会社にも役立つ内容。人材ビジネスで発生する様々な業務を管理できます。

人材業界専門の
社会保険労務士が顧問

マッチングッドには人材業界専門の社会保険労務士が顧問としてついており、人材サービスに関する法改正にも迅速かつ柔軟に対応しているため、業務効率化だけでなく法令遵守にも効果が期待できます

マッチングッドの導入事例

業務効率化により、人件費の削減に成功

求職者へのご紹介から就業決定までのリードタイムが改善されました。また導入前は、コンサルタント、コーディネーター、営業など、各担当者から細かくヒアリングしないと業務の状況が把握出来ませんでしたが、マッチングッドにより進捗の詳細は確認出来るため、ホウ・レン・ソウが必要最低限の情報で事足りるようになりました。
引用元:マッチングッド公式サイト(https://www.matchingood.co.jp/case/mands/)

業務効率化によって営業活動に注力できるように

社内、社外問わず操作できるため、スピーディな対応が可能になりました。また、マッチングッドは自由度が高く、独自フォーマットで求人票の作成が行えるため、業務がかなり効率化されました。効率化された分、コア業務の1つである営業に注力できるようになり、求人獲得件数(求人票)が導入後、15%増となりました。
引用元:マッチングッド公式サイト(https://www.matchingood.co.jp/case/w-medical-9/)

マッチングッドの操作画面

引用元:マッチングッド公式HP(https://www.matchingood.co.jp/funclist/candidates/?systemType=haken)

マッチングッドの詳細

費用 初期費用無料 月額22,000円(税込)~
トライアルの有無

マッチングッドの新着情報

  • 2023.12.05
    年末年始営業時間のご案内
    弊社では誠に勝手ながら、年末年始休業日を下記のとおりとさせていただきます。
    年末年始休業期間:2023年12月29日(金)~2024年1月4日(木)
    ※2024年1月5日(金)以降は通常営業となります。
  • 2022.12.22
    年末年始営業時間のご案内
    誠に勝手ながら株式会社ブレイン・ラボ及びサポート窓口は、以下の日程を年末年始休業とさせていただきます。
    【年末年始の営業・休業期間】
    2022年12月28日(水) 通常通り営業
    2022年12月29日(木)から2023年1月3日(火) 休業
    2023年1月4日(水) 通常通り営業
  • 2022.11.07
    人材派遣向けクラウド業務管理システム「マッチングッド派遣」が、派遣スタッフのマイページ機能を追加。コーディネーターと派遣スタッフのコミュニケーションの一元化などなど、コーディネーター業務の負担軽減を実現
    人材派遣・紹介向けクラウド型業務システム、DX支援サービスを提供する株式会社ブレイン・ラボ(本社:東京都港区、代表取締役:中江典博、以下 ブレイン・ラボ)は、ブレイン・ラボが提供するサービス「マッチングッド派遣」において、派遣スタッフのマイページ機能を追加したことをお知らせいたします。

※公式サイトの情報より抜粋

オルディア

オルディアの公式hpのキャプチャ
引用元:オルディア公式HP
https://ordia.jp/

30年以上の販売実績に基づいた柔軟なサポート

オルディアは人材派遣業界向けの管理システムとして1985年にリリースされて以降、30年以上にわたる販売実績を誇っています。その経験に基づき、ヘルプデスク体制も拡充。システム利用に関するどんな些細な疑問や不明点もオペレーターが丁寧に対応し、解決までサポートします。


引用元:オルディア公式HP
https://ordia.jp/

オルディアの機能

  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSVエクスポート
  • クラウド対応
  • 訪問サポート対応

オルディアの特長

経験豊富なシステムエンジニアたちがサポート

1985年にリリースされて以降、30年以上にわたる販売実績を誇るオルディア。経験豊富なシステムエンジニアたちが、他社の導入事例に基づいた業務改善案の提案やシステム導入後のユーザー教育まで幅広く携わります

汎用性の高い機能を提供

オルディアの派遣管理システムは、長期・短期・単発・紹介予定派遣など幅広い契約形態に対応。契約書の自動生成など、派遣サービスを営む上で汎用性の高い機能を多く搭載しています。

オプションで便利機能を拡充可能

オルディアはユーザーのニーズに合わせたオプション機能を用意。Web上で勤怠管理を完結させる機能や、スタッフのマイナンバーを登録・帳票出力する機能、スタッフが求人を検索したり、クライアント向けのマイページ機能など、自社に合わせて最適化できます

オルディアの導入事例

スタッフのソフト面での特徴も登録することが可能

当社はサービス業に特化しているため、笑顔や受け答え方などのコミュニケーションについての登録項目がとても重要になります。また、日払いへの対応も不可欠で、今後の新しい事業展開に応える柔軟性も必要です。こうした当社の要望に臨機応変に対応できる製品がORDIAでした
引用元:丸紅情報システムズ公式HP(https://www.marubeni-sys.com/infinite-ideas/chousen/dspark/index.html)

オルディアの詳細

   

公式HPに操作画面のイメージがありませんでした

オルディアの詳細

費用 ライセンス版:要問い合わせ

クラウド版
ライト
初期費用(※1) 1,100,000円~
月額利用料(※2) 165,000円
スタンダード
初期費用(※1)2,200,000円~
月額利用料(※2)220,000円
(※1)情報登録/ID・Pass発行/マスター設定/操作教育
(※2)利用者5名様まで
トライアルの有無

オルディアの新着情報

  • 2024.01.15
    マーケティングメディア『キャククル』に、当社サービス【ORDIA】が掲載されました。
  • 2023.12.06
    【ORDIA】「売上UPにつながる未稼働スタッフの活用方法」セミナーを12/6(水)に開催しました。
  • 2023.10.01
    消費税の仕入税額控除の方式として10月1日より施行されたインボイス制度に対応した請求書機能をリリースしました。

※公式サイトの情報より抜粋

More detailed

作業の整理・現状維持を求める
派遣会社向けの管理システム3選

売り上げ拡大などではなく、あくまで現状のシステムの一本化だけを考えている、尚且つ年末調整にも現状問題が生じていない(e-Govが必要のない)派遣会社向けのシステムをピックアップ。
e-Gov未対応ながら「スタッフ管理」「顧客管理」「契約管理」「勤怠管理」「給与・請求管理」が一括で対応でき、尚且つクラウド対応のシステム3つを紹介します。(2021年1月時点の情報です)

クオリード人材派遣

クオリード人材派遣の公式hpのキャプチャ
引用元:クオリード人材派遣公式HP
https://www.quo-haken.com/

低コストで運用可能!マッチング度向上にも貢献する

月額費用 3ライセンス27,500円

クオリード人材派遣クラウドは、660円/日の低コストで導入ができる派遣管理ソフトです。低価格でありながら、スタッフ管理やクライアント管理、契約管理など人材派遣サービスに必要な管理機能一式が標準装備されているのが特徴です。
業種や勤務地などのキーワードを設定することで、派遣登録者のデータをAIが自動で解析し、その仕事に合ったスタッフを自動かつ合理的に提案してくれるため、工数削減につながります。

※費用は2021年11月の情報です。

クオリード人材派遣の公式hpのキャプチャ
引用元:クオリード人材派遣公式HP
https://www.quo-haken.com/

クオリード人材派遣の機能

  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSVエクスポート
  • クラウド対応
  • 訪問サポート対応

クオリード人材派遣の導入事例

システム連携により情報共有を強化

給与システムと勤怠システムへの連携を可能にした為、いままでの運用を変える事なくシステム導入ができました。システム導入後の大きな混乱もなく運用スタートし、業務効率化を達成。シフトや勤怠データを共有することで、情報伝達もれを防ぎ、勤怠チェック漏れを解消。クラウドシステムなので、いつでもログインでき事務所と現場の移動時間を短縮できました。以前は「忙しさ」を感じていたが、業務に余裕ができミス軽減にも繋がると思います。
引用元:株式会社アドソフト公式HP(https://quo-haken.com/データとシステムを活用し、情報共有を図りミス/)

jobs

jobsのhp公式HPのキャプチャ
引用元:jobs公式HP
https://jobs.technologies-group.co.jp/

使いやすいシステムデザインと料金体系を追求

月額費用 33,000円

導入にかかる初期費用が0円、月額の運用費も33,000円など、料金体系が非常にシンプルかつ安価。その上で日々の派遣ビジネスを営む上で必要なスタッフ情報や顧客情報、スタッフの勤怠情報や給与情報などを一元管理する機能が搭載されています。
さらに、ユーザーからみた使いやすさにこだわったシステムデザインが追求された、誰でも直感的に利用できるシステムです。

※費用は2021年11月の情報です。

jobsの公式HPのキャプチャ
引用元:jobs公式HP
https://jobs.technologies-group.co.jp/

jobsの機能

  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSVエクスポート
  • クラウド対応
  • 訪問サポート対応

jobsの導入事例

操作しやすいシステムデザインで、スタッフのシフト回収率が改善

決め手となったのは、人材派遣会社の基本業務のポイントを確実に抑えながらも、マニュアルなしですぐに利用開始できるシステムデザインです。社員だけでなく、インターネットやスマートフォン操作が苦手なスタッフにもわかりやすい設計なので、相互のコミュニケーションがこれまで以上に円滑に行えるようになり、シフト回収率も改善してきています。
引用元:jobs公式サイト(https://jobs.technologies-group.co.jp/)

派遣can

派遣canの公式HPのキャプチャ
引用元:派遣can公式HP
https://www.hakencan.com/

合理的な課金制で使いたい機能が選べる

月額費用 要問合せ

派遣canではスタッフ管理や派遣先管理などの基本機能に加えて、契約管理機能が利用できるライトプランが人気。人材登録数に応じた基本料金と月に発行した契約書の枚数に応じた課金制をとっているため、費用に無駄がありません
システムの導入を検討している企業を対象に無料説明会を実施。最大30日間の無料トライアル期間もあるため、手軽にシステム導入をしたい場合におすすめです。

派遣canの公式HPのキャプチャ
引用元:派遣can公式HP
https://www.hakencan.com/

派遣canの機能

  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSVエクスポート
  • クラウド対応
  • 訪問サポート対応

派遣canの導入事例

派遣canに関する導入事例は見つかりませんでした。

派遣スタッフや派遣先クライアントの情報、派遣先との契約情報や請求情報、派遣スタッフの勤怠情報や給与情報など、派遣ビジネスを営む会社が良質なサービスを提供するために日々管理しなければならない情報は膨大です。
ここでは、派遣会社の業務効率化を目的とした管理システム25選について、それぞれのシステムの特徴や導入事例を紹介いたします。

The Staff-V(旧:The Staff-2000)は人材ビジネスに必要な機能が全て搭載されており、導入前の無料セミナーや契約後の導入フォローなどが手厚いため、これまで管理システムを使ってこなかった会社に特に向いていると言えます。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携

STAFF EXPRESSは、人材派遣ビジネスだけでなく人材紹介ビジネスや業務請負ビジネスまで事業を展開している会社に特に向いていると言えます。もちろん、人材派遣を専門にしている派遣会社にも役立つワンストップ管理システムです。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携

スタッフナビゲーターは、クライアントとスタッフのマッチング度や、商談時の提案力・成約率に課題を感じている派遣会社に向いている一元管理システムと言えます。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

Gスタッフは、人材派遣サービス業者はもちろん、紹介サービスや請負サービスなど幅広く事業展開をしている会社に向いている管理システムであるといえます。実際の導入実績としては、事務派遣や製造派遣を営むユーザーに特に多く活用されています。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

オルディアの派遣管理サービスは、導入前のシステム以降から導入後のユーザー育成までトータルでサポートしてもらいたいと考えている派遣会社に向いているといえます。30年以上の販売実績に基づいた柔軟なサポートが期待できます。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携

CROSS STAFFはクラウド型サービスリーズナブルかつ手軽に導入できるシステムのひとつです。とにかく低コスト重視で派遣管理システムを選んでいる会社に向いているといえます。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

派遣canは使いたい機能を選べて、利用月の契約書発行枚数に応じた課金制の料金体系を採用しているため、必要な機能だけを選びたい、また使った分だけの合理的なコストで抑えたいという派遣会社に向いているといえます。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

HRstationは、複数の派遣会社から派遣スタッフを受け付けており、日々の煩雑な人材発注業務や勤怠管理、または度重なる法改正に伴う法令遵守に課題を抱いている派遣先会社におすすめの派遣管理システムです。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

IEYASU派遣管理は、導入費と運用費をできる限り抑えて管理システムを導入したい、また勤怠管理・契約管理・請求管理さえシステムで一元化できればよいという派遣会社に特におすすめのシステムといえます。

スタッフ管理
顧客管理 -
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

クオリード人材派遣クラウドは、低コストで導入・運用できる管理システムを探してる派遣会社、特にスタッフと派遣先の業務のマッチング度に課題を感じている派遣会社に向いているシステムであるといえます。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

マッチングッドは、コストを抑えたシステムの導入・運用を検討しており、システム導入後も手厚いサポートを求めている派遣会社に向いているシステム。紹介サービスも展開している会社にとってより利便性が高いといえます。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携

jobsは、とにかくリーズナブルな管理システムを探している派遣会社に向いているといえます。特に、追加費用や機能制限のないシンプルかつ使いやすいシステムを求めている派遣会社にはおすすめのシステムです。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

DigiSheetは、管理システムの導入を検討している会社の中でも、特に勤怠管理に関する業務改善を目的としている派遣会社向け。システムの使い方を社員やスタッフに向けて丁寧にレクチャーしてほしいという会社にもおすすめです。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理 -
e-Gov連携 -

e心伝心には前日確認機能や当日のモーニングコール機能などユニークな機能が備わっており、販売員やコンパニオン等、突発的な受注が発生しやすい短期・日雇い派遣ビジネスを営む会社に特に向いているシステムといえます。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

フォーカス人材派遣管理は、外国人スタッフ登録機能や操作性の良さなどから、製造業や倉庫業、プログラマー業など外国人スタッフの更なる雇用を見据えている派遣会社に向いている管理システムと言えます。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

e-staffingは、スタッフの勤怠情報や契約情報を効率的に管理したい派遣会社に向いているサービスです。個人情報の特定行為につながることから、スタッフの指名やプロフィールを派遣先企業と共有することはできないという点に留意が必要です。

スタッフ管理 -
顧客管理 -
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

HRBCスタッフィングは、スタッフ検索や候補者へのメール送付など求人マッチングに関するオペレーション業務を効率化・自動化したい派遣会社に向いているシステムです。勤怠管理や給与管理の機能はついていないため、目的によっては注意が必要です。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理 -
給与・請求管理 -
e-Gov連携 -

かえる勤怠管理は、打刻や承認などのスタッフの勤怠管理を自動化・クラウド化したい派遣会社に向いているシステムです。勤怠管理周辺の便利機能が用意されている一方で、顧客情報や契約情報など他の情報の管理には対応していないため注意が必要です。

スタッフ管理 -
顧客管理 -
契約管理 -
勤怠管理
給与・請求管理 -
e-Gov連携 -

キャスティングナビは、様々な雇用形態・給与形態の派遣スタッフを雇用しており、派遣スタッフと派遣先とのマッチング度を改善したいと考えている派遣会社に向いています。利用シーンに合わせ、最適な料金プランで運用可能です。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

e-naviタイムシート派遣は、派遣スタッフと派遣先企業との勤怠情報・給与請求情報のやりとりの効率化に特化したシステムです。求職者や求人企業の詳細な情報を管理する機能などは搭載されていません。

スタッフ管理 -
顧客管理 -
契約管理 -
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

PSHIFT勤怠管理は、とにかく低コストで勤怠管理システムを導入・運用したい、勤怠情報をクラウド上で自動集計できさえすればその他の便利機能は不要、という派遣会社に向いているシステムといえます。

スタッフ管理 -
顧客管理 -
契約管理 -
勤怠管理
給与・請求管理 -
e-Gov連携 -

staff-oneは、手作業やExcelファイルによる勤怠情報管理をクラウド化、効率化したいと考えている派遣会社に向いているシステムといえます。登録スタッフと登録求人企業とのマッチング機能などはついていないため注意が必要です。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

プラスナビは、ユニテックシステム株式会社が提供するキャスティングナビをすでに導入している或いは今後導入を検討していて、スタッフの定着率や連絡応答率を改善したいと考えている派遣会社に向いているシステムです。

スタッフ管理 -
顧客管理 -
契約管理 -
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

MA-EYESncは、リーズナブルかつ短期間で導入できるシステムを探していて、できる限りカスタマイズせずに最小限の機能で利用していきたいと考えている派遣会社に向いているシステムであるといえます。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理 -
e-Gov連携

派遣会社と派遣先企業をつなぎ、人員調達や配置・労務管理などを一元管理できるクラウドシステム。コンプライアンスを重視した運用に加えて、スタッフの管理が容易になることで業務の軽減につながり、コストの削減も可能です。

スタッフ管理
顧客管理 -
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

建築現場における人材派遣スタッフの管理を行えるシステム。取引先の人ごとに単価設定が可能なため、費用の計算も迅速。手書きの日報内容をシステムに登録することにより、請求書や給与明細の自動発行が可能になります。

スタッフ管理
顧客管理 -
契約管理 -
勤怠管理 -
給与・請求管理
e-Gov連携 -

煩雑な派遣社員の管理に対して直感的に操作できることを目指したシステム。チャットツールや自社の就業形態に沿ったカスタマイズ機能も予定しており、運営していく中で改善したり新しい機能を提供したり常に進化することが特徴です。

スタッフ管理
顧客管理 -
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

ジョブカンは勤怠管理や労務管理に関するあらゆる機能を搭載しており、変形労働・フレックス・裁量労働などのあらゆる勤務形態に対応しています。所属・雇用形態ごとに細かい設定、運用ができる一方、リッチな機能の中から必要な部分だけを提供することもできるので、自社に最適な導入が可能です。

スタッフ管理
顧客管理 -
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

KING OF TIMEはサポートがとても充実しています。勤怠管理を含め、多機能にもかかわらずシンプルで操作しやすいのが特徴です。市場シェアNo.1(2019年・富士キメラ総研調べ・勤怠管理Saas市場 利用ID数、公式サイトより)なので利用する会社を選びませんが、専門スタッフが東京と大分に常駐しているため、迅速なサポートが可能です。担当者がITに不慣れな派遣会社にはとくに向いているシステムといえるでしょう。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

スマートフォンやタブレットからも入力可能なマルチデバイス対応のe-TimeCardは、勤怠管理に特化したシステムを使いたい派遣会社に向いています。他社サービスのように豊富な機能はなく、勤怠申請と承認、データのダウンロードのみの機能とシンプルですが、余計な機能は不要な場合、e-TimeCardが向いているでしょう。また、基本料金やオプション料金を含め初期導入費用は無料で、勤怠管理に特化しているため、他社のサービスと比べて利用コストを抑えることができます。

スタッフ管理 -
顧客管理 -
契約管理 -
勤怠管理
給与・請求管理 -
e-Gov連携 -

SUZAKUは、約3000社、 10万ユーザー以上の利用実績があるアセスメント・サーベイを搭載している人と組織を可視化するアセスメントです。組織で求められる思考プロセスや行動特性を網羅的に測定し、採用から育成、研修の効果測定までをSUZAKUがワンストップで実現します。

スタッフ管理
顧客管理 -
契約管理 -
勤怠管理 -
給与・請求管理 -
e-Gov連携 -

カオナビは、自社の人事施策に合わせて社員の人材情報を一元化できる人材管理システムです。ドラッグ&ドロップで簡単にカスタマイズすることが可能。データや機能は「使える・見える・編集できる」といった条件で細かく権限設定ができるため、人事制度に合わせて使用することができます。

スタッフ管理
顧客管理 -
契約管理 -
勤怠管理 -
給与・請求管理 -
e-Gov連携 -

スタッフのプロフィールやスキルが一目で分かるシステム。適材適所に人材を配置するために戦略的な活用ができます。eラーニングを作成して登録ができるので、スタッフ育成に力を入れている会社に使い勝手が良いでしょう。スキルのバランスを考えたチーム編成も可能で、プロジェクトの進捗状況も把握できる機能が便利。また、採用時には、既存の優秀なスタッフの傾向との比較ができ、面接で確認すべきポイントが明確です。労力を抑えて採用活動ができます。

スタッフ管理
顧客管理 -
契約管理 -
勤怠管理 -
給与・請求管理 -
e-Gov連携 -

マルチデバイス対応のシステムで、勤怠管理が得意です。パソコン、スマホ、タブレットから操作が可能。操作画面がシンプルで分かりやすいので、パソコンが苦手なスタッフでも簡単に打刻できます。どの端末から入力しても、打刻データはそのまま連携。在宅勤務のスタッフがいる場合でも利用しやすいです。クラウドサービスなので、料金がリーズナブル。導入費用や基本料金、メンテナンス費用はかかりません。その月に打刻した人数分だけの課金です。

スタッフ管理
顧客管理 -
契約管理 -
勤怠管理
給与・請求管理 -
e-Gov連携 -

クラウド上で一連の派遣業務に対応できるシステムです。Excelなどの既存システムからスタッフ情報をまとめてデータ移行できるなど、導入のしやすさにもこだわっています。スタッフの一覧表示、検索機能などが充実しており、案件や顧客に紐づいたデータ管理にも対応。 営業案件に関するスタッフ間の情報共有など、複数の派遣会社が入っているビジネス現場においても使いやすい機能を搭載しています。 クラウド管理ですが金融機関レベルのセキュリティ対策をしている点も安心ポイント。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

派遣先・派遣元どちらの業務にも対応する柔軟性の高いシステムです。案件の発注管理、契約書のPDF化、スタッフ情報の一元管理など、派遣業務に関するDXを得意としています。36協定や抵触日といった法改正にも対応し、アラート機能で煩雑な勤怠管理を自動化できるのも特徴。スタッフ評価に関する機能も搭載し、同一労働統一賃金にも対応できるようになっています。運営元のクロスリンクによるオンライン相談会が毎週開催されていて、導入ーハードルが低い点も魅力ポイント。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

多様化した雇用形態や支払い形態に対応するシステムで、各種データを一元化することで管理コストの低減を実現しています。また、キャスティング管理ではスタッフ引当入力やシフト表印刷、スタッフ一括メール送信、シフト一括メール配信などが標準基本機能となっており、Web勤怠・就業管理支援システムと連動できます。これにより、案件掲載や案件応募、勤怠収集がリアルタイムで管理可能となっています。登録スタッフ側は携帯電話やスマートフォンと連携し、スタッフ自身でスケジュールを登録・エントリーや出勤・退勤時の打刻ができます。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

人材派遣を行うときに行っていた紙ベースでの面倒な作業をWeb上で一括管理できるクラウドシステムで、多数の国内大手企業に採用されています。アナログ作業を減らすことで管理スタッフの負担を軽減。派遣先企業としては契約書式も統一され勤怠計算もほぼ自動化され、派遣元では契約がWeb管理で勤怠回収から計算の手間もいらないという双方にメリットがあるシステムです。要望に応じて説明会の実施や初期設定のサポートも行います。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

CANALS(カナルス)は、インターネット上にデータベースを構築するクラウド型システムなので、初期投資費用を抑えると共に、どこにいても利用可能な利便性があります。セミオーダー型のため、大掛かりな作業をしなくても、自社の業務に使いやすいようカスタマイズ可能。パソコン・スマートフォン・タブレットなど、端末を問わず利用でき、ライセンスフリーのため何台で利用しても料金は変わりません。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

スタッフWinは1988年の発売開始から30年以上にわたり、カスタマイズとサポートを続けてきた派遣管理システムです。人材派遣・人材紹介・請負などの業態の違いや、日払い・週払いなど支払いの違いなどにも、柔軟に対応できる豊富なオプションがあります。全バージョンでの保守を継続しており、導入後の法制度や税制改正などによるカスタマイズもフォローサービスしています。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

「くじらSMS」は、WEBアプリケーションによって開発された人材派遣管理システムです。2004年9月より開発が開始され、機能追加・改修をおこないながら、現在の形になっています。請求・支払いを一元管理できるため、交通費や立替金などが発生しても、請求と支払いを同一で管理対応可能です。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

インターシステム株式会社が開発する「人材派遣管理システム」は、人材派遣会社とくにIT会社向けに提供されている管理システムです。それぞれのニーズに合わせてカスタマイズ可能で、導入から稼働までサポートしてくれます。WEB打刻(タイムレコーダー)や勤怠管理システムとも連動できます。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

派遣法・労働基準法にそった派遣社員の適正管理を可能にするアデコ株式会社の「Re-Quest」。法定帳票の管理や、就業者へのメッセージ送付できる機能など、派遣社員や直接雇用スタッフの管理業務に便利な機能を持ち、プロセスを削減して、効率的な人材管理を実現します。

スタッフ管理
顧客管理 -
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

CSM

株式会社HRガイドの「CSM」は、派遣事業における発注から請求まで一元管理できるシステムです。シンプルで見やすい画面と使いやすい操作で、事業を効率化。発注管理、契約管理、勤怠管理、請求管理、評価機能、分析機能などを搭載し、各種アラートや連絡時間の削減につながります。

スタッフ管理
顧客管理 -
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

カワイ事務機株式会社の「Staffing」は、クラウドを活用してデータベースを管理し、派遣会社が必要とする登録スタッフの管理や求人管理、派遣先情報などを一元的に管理できるパッケージシステム。スタッフ登録もWEBと連携させることで、WEB上からリアルタイムでシステムに反映されます。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

Workerlyは、人材派遣業務をスムーズに進める従業員スケジューリングソフトウェア。派遣会社の担当者は、1つのインターフェイスだけで、登録された派遣社員の職歴やスキルセットを確認したり、適切な案件を割り当てたり、顧客に対して請求書を送信したりできます。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

PAKEJI

株式会社QEDが提供している派遣社員勤怠管理システム「PAKEJI」は、派遣社員の勤怠管理ツールのテンプレートで、スタッフそれぞれの契約期間や条件など、派遣社員情報を一括対応できるシステムです。手数料なしで、システムを利用できるのも魅力のひとつです。

スタッフ管理
顧客管理 -
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理 -
e-Gov連携 -

freee クラウドERP

クラウドERP「freee」は、人材派遣のバックオフィスにおける悩みの解決に役立ちます。毎月の会計処理、各拠点や出先における申請と承認、各種レポートによる経営状況の把握までサポート。契約勤怠管理や営業管理のシステムとも連携可能です。

スタッフ管理
顧客管理 -
契約管理 -
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

Vincere

「Vincere (ビンチェリー)」は世界中にユーザーを抱える、人材紹介会社および人材派遣会社のためのオールインワンプラットホーム。顧客・採用管理から、請求・支払管理、各種ポータルサイトの簡単カスタマイズまで、人材派遣のあらゆる分野をカバーします。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

「CastingONE」はイベントスタッフ派遣に強みを持つキャスティング会社向けクラウドサービスです。人材派遣の中でも管理が難しいとされる複雑なイベント派遣を中心に、単発の案件業務の一元管理が可能。業務の効率化と対応漏れの削減を目指します。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

「Kint」はクラウドを利用した勤怠管理システムで、勤怠の管理から従業員の給与明細まで一元化が可能です。スタッフがどこで打刻をしたのか確認できるGPS機能やスマートフォンによる打刻など、テレワークにも対応した便利な機能を搭載しています。

スタッフ管理 -
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

「J-best」はコストパフォーマンスに優れた人材派遣システムで、スタッフ管理、請求や入金の業務、契約書締結、会計まで、人材派遣に求められる幅広い業務フィールドをカバーできます。また、Microsoft AzureやAmazon EC2を使ったクラウド化も可能です。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

「FC勤怠」はその名のとおり、さまざまな勤怠に対応したシステムで、シフト・フレックス・パート・アルバイト・派遣のほか、裁量・変形などにも対応しています。また、独自の運用にカスタマイズ可能で、画面や帳票の追加などもおこなえて便利です。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

「おしごとQR 派遣」は、派遣スタッフの勤怠管理や出退勤記録をデジタル化することで、効率化や省力化を実現するシステム。派遣業務では難しいとされている「派遣先管理者による勤怠承認」も可能なので、承認や集計の改善も期待できます。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

「tomas クラウド」は正社員のほか、派遣社員、パート・アルバイトなど、さまざまな労働形態や勤務形態にも対応したWEB勤怠管理システムです。既存の人事・給与システムやタイムレコーダーとの連携も可能で、費用対効果の高さが魅力です。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携 -

DEC

DECは、短期派遣に特化した派遣管理システムです。イベントや警備、軽作業など、幅広い業務や業界に利用できるのが魅力。短期や中期派遣で働くスタッフの管理をスムーズにし、業務全体を効率化することが可能です。また、専用アプリで勤怠管理や出退勤管理、チャット機能なども利用できるのが特徴。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理 -
勤怠管理
給与・請求管理 -
e-Gov連携 -

Discoveryは、さまざまな機能を搭載している派遣管理システム。派遣会社に必要な機能が一通り搭載されていて、業務効率化や作業の省力化をサポートしてくれるのが魅力。スタッフの管理をはじめ、勤怠や給与管理、クライアント(顧客)管理機能も搭載されています。そのほかには、幅広い業務にワンストップで対応できるのも強みだと言えます。

スタッフ管理
顧客管理
契約管理
勤怠管理
給与・請求管理
e-Gov連携
Question

派遣社員の管理を行っている人にアンケート

派遣社員の管理を行っている人を対象にアンケートを実施。

管理にあたって、不便に関している点などを調査していますので、是非参考にしてください。

Q.人材派遣業務におけるスケジューリングや人員配置の問題点は何ですか?

アンケート結果
対象:派遣社員の管理を行っている人131名 期間:2023年11月10日~11月15日実施(調査機関:Fastask)

多いものから順に「人員配置の最適化」が87ポイント、「スケジューリングの手間」が66ポイントという結果になりました。

これらの業務は管理方法が煩雑になっていると、より問題を引き起こす可能性があります。問題の軽減・効率化を図るためにも改善が必要でしょう。

Q.人材派遣業務における情報管理やデータ保護の問題点は何ですか?

アンケート結果
対象:派遣社員の管理を行っている人131名 期間:2023年11月10日~11月15日実施(調査機関:Fastask)

多いものから順に「データ保護対策の不足」、「情報漏洩のリスク」、「情報管理システムの不足」という結果になりました。

これらを解決するためには、紙ベースでの管理ではなく信頼と実績のある企業が提供している管理システムの導入が望ましいでしょう。

Q.人材派遣業務を効率化するために必要だと感じる改善点は何ですか?

アンケート結果
対象:派遣社員の管理を行っている人131名 期間:2023年11月10日~11月15日実施(調査機関:Fastask)

「ITツールの導入・活用」が88ポイントと最も多い結果となりました。効率化のためにITツールの必要性を感じている人は多いようです。

自分達が効率化していきたい業務に合わせて対応しているツールを選択することが重要です。

About

派遣社員の管理項目

派遣社員の管理を行うのは派遣元と派遣先の2社。それぞれが対応する管理項目として、派遣法では次のように定められています。

派遣元の管理項目

給与支払い有給休暇の付与、健康診断など、派遣社員の雇用主として基本的な項目を管理します。

派遣先の管理項目

具体的な業務の指示や適切な職場環境の維持、出退勤時間の管理など、派遣社員の業務に関連する項目を管理します。

これらの管理項目を内容別で大きく分けると、「契約」「勤怠」「業務指導」「健康・安全」「ハラスメント・苦情」の5種類。以下、それぞれ具体的に見ていきましょう。

>5つの管理項目で必要な対応

契約

派遣契約には、派遣元・派遣先・派遣社員の三者が関与します。派遣社員により契約内容が異なることもあるので、トラブルを避けるためにも契約管理をしっかりと行わなければなりません。

勤怠

派遣社員の給与を適切に計算するため、派遣先はもちろんのこと、派遣元も派遣社員の勤務時間・休憩時間・有給消化状況などを正確に管理する必要があります。

業務指導

派遣先は、派遣社員に対して適切な業務指導を行う必要があります。就業前に研修を実施したり業務マニュアルを用意したりなどし、派遣社員がスムーズに業務へ入れる体制を整えます。

健康・安全

派遣社員の一般的な健康管理(健康診断の実施など)は派遣元が、また、普段の業務における派遣社員の安全管理については派遣先が、それぞれ責任を持って行います。

ハラスメント・苦情

派遣社員から派遣先に対してハラスメントや苦情の申立てがあった場合、派遣先と派遣元が連携して速やかに対処することとなります。申立てを理由に派遣社員を不当に取り扱うこと(派遣契約の打ち切りなど)は禁じられています。

派遣管理業務の効率化が期待される派遣管理システムは、導入する前に把握しておくべき点がいくつかあります。
導入してから後悔することのないよう、導入前の段階で把握しておくべき点をいくつかご紹介します。

派遣管理システムを導入するメリット・デメリット

派遣管理システムを導入することで得られるメリットは多々ありますが、一方でデメリットもあります。

メリット面を見て魅力的だと感じた場合には導入を検討するのも悪くはありませんが、メリット面だけで判断するのではなく、デメリット面も併せて把握し、導入を検討しましょう。

ここではメリット・デメリット双方をお伝えしていますので是非チェックしてください。

派遣管理システムで注意するべきポイントは?

派遣管理システムを導入するにあたって、注意すべきポイントもあります。

導入することで得られるメリットは多々ありますが、その裏にある注意点を把握し、問題となることは改善できるのかも考慮しておく必要があります。

派遣管理システムが使いづらい!対策はある?

派遣管理システムは実際に浸かってみなければ分からない点があるのも事実です。

メリット・デメリットそれぞれをじっくりと考えて導入したものの、使い勝手が悪くて困るケースも見受けられます。せっかく導入した派遣管理システムが使いにくくて困っている時にはどのような対策があるのかも把握しておきましょう。

派遣管理システムで年末調整もしやすくなる?

労働者を抱えている事務所は年末調整を避けて通ることはできません。

派遣会社も例外ではありませんが、派遣管理システムを活用することで、年末調整が行いやすくなります。具体的に年末調整がどれだけ便利になるのかなどを解説していますので是非ご覧ください。

電子帳簿保存法とは?
人材派遣契約書の
電子化について

電子帳簿保存法の改正によって、2024年より電子取引に関する情報のデータ保存が義務化されます。帳簿の改ざんなどを行えば罰則を受ける恐れもあるので注意しましょう。この改正によって派遣契約などの書類も電子化することができます。

中小企業も対象に!
60時間超の残業の
割増賃金率が50%へ

働き方改革関連法の成立に伴い、中小企業であっても60時間超えの時間外労働に対し50%以上の割増賃金率が課されます。企業としての経済的負担を減らすためにも労働環境を見直し、業務の効率化や残業の平準化を図ることが大切です。

有給管理を
派遣管理システムで行うメリット

労働者の権利である年次有給休暇において、「年10日以上の年次有給休暇の付与対象者は、年5日の有給休暇取得を義務付ける」と定められました。そのため、派遣会社による派遣社員の有給休暇管理が必要。派遣管理システムを活用し、正確性と効率をアップさせましょう。

人材業界のテレワーク導入のために
派遣管理システムは活用できる?

人材業界においても「テレワーク導入を検討している」という企業は多いでしょう。テレワーク導入によって人材確保やコスト削減などのメリットが期待できます。また、派遣管理システムも導入することで、勤務状況の管理や給与明細の発行も効率的に行えます。

2024年の社会保険の適用拡大について

2024年10月に適用対象が広がる、短時間労働者の社会保険の適用拡大。派遣社員の雇用元となる派遣会社は、どのような点に気をつけなくてはならないのでしょうか。制度の変更点を知り、注意すべきポイントを考えていきます。

派遣元会社が知っておくべき
給与のデジタル払いとは

給与デジタル払いとは、2023年4月に解禁された制度です。スマホのキャッシュレス決済サービスや電子送金サービスを利用して給与を支払えるようになります。今後の対応を考えるためにも、派遣元会社が得られるメリットやデメリットを知っておきましょう。

派遣管理システム選びで
失敗することはある?

派遣管理システムは自社に合ったものを選ぶことが大切です。適当に選んでしまうと、社員が使えなかったり、業務に向いていなかったり、カスタマイズができなかったりするなど、失敗に終わってしまいます。自社のニーズや業務に適したシステムを導入するのがベストです。

【派遣元向け】抵触日の管理に派遣管理システムは使える?

派遣労働者と派遣先企業の数が増加傾向にある昨今、派遣元における抵触日管理は困難です。膨大なデータを適切にミスなく処理、管理していくためには、膨大なデータでも一元管理して業務を効率化できる派遣管理システムの導入が有効になります。

派遣管理デスクと
派遣管理システムの
違いとは

自社での派遣社員管理が煩雑化している場合、派遣管理デスクを利用するのもおすすめです。自社運用が基本の派遣管理システムとは違い、派遣社員の管理を外部委託できます。しかし、個人情報が漏えいするリスクや、委託料金などコスト増加がデメリットとなります。

IT導入補助金で
派遣管理システムを
導入するには

中小企業・小規模事業者がITツールを導入する際、一部費用の補助が受けられるIT導入補助金。A類型とB類型があり、それぞれ補助金の交付条件が異なります。派遣管理システムでIT導入補助金を利用したい時は、申請の流れもしっかり覚えておきましょう。

労働者派遣事業報告書の
作成について

派遣事業を行う場合に年に1回提出しなければならない書類です。虚偽の報告や提出期限を守らなければ罰則があるので注意しましょう。作成するためには色々な書類を準備する必要があります。しっかりとポイントを押さえて労働者派遣事業報告書を作成してください。

派遣元管理台帳とは?
保管・期限
について

派遣スタッフの管理を適切に行うために必要な書類であり、もしトラブルなどが生じた場合に労働基準監督署に提示しなければならないことも。作成・保管は義務となっているので、もし適正に作成・管理されていなければ罰則が科されます。

派遣管理システムは
セキュリティ強化にも
役立つ?

派遣管理システムを導入した場合、データの暗号化や外部漏えいなどのリスクを低減可能です。システムによっては、アカウントやデータ項目の権限を細かく変更できたり、履歴を確認したりする機能を搭載しています。導入の際は、各システムのセキュリティ対策も確認しておくとよいでしょう。

派遣管理システムと
RPAの違いについて

単純作業の自動化が可能なRPA。作業スピードアップやヒューマンエラーの防止など、さまざまなメリットを持つ反面、運用コストがかかるほか、誤った指示も延々処理してしまうデメリットなどがあります。導入にあたっては、業務量とコストを考慮して判断しましょう。

派遣会社の管理部門は、日々どのような課題を抱えているのでしょうか。また、派遣管理システムを導入することでそれらの管理トラブルはどのように解決することができるのでしょうか。
派遣会社の管理業務を、「スタッフ管理」「顧客管理」「契約管理」「勤怠管理」「給与請求管理」の5つに分類して、それぞれの業務の課題と解決事例を紹介します。

スタッフ管理

  • マッチングが属人的になりやすい
  • 定性面の特徴で検索できない
  • どのスタッフに何を連絡したかがわからない

抱える案件数や雇用するスタッフ数が多くなると、案件ごとに求められる人材を理解して、該当する派遣スタッフを正確に派遣することが難しくなります。また、「論理的に話すことができる」「ハキハキと受け答えができる」などといったスタッフの定性面の特徴までデータとして蓄積することはできません。さらに管理システムを利用していない派遣会社の場合、派遣スタッフとの連絡は担当カウンセラーのみに集約されがちで、トラブルに発展しかねません。

スタッフ管理機能が搭載された派遣管理システムを導入すれば、膨大なスタッフ情報の中から任意の条件を満たしているスタッフだけを抽出することが可能になり、システムを使わない俗人的な案件紹介よりも案件のマッチング度を向上させることができます。

顧客管理

  • スタッフへ案件を打診する工数がかかる
  • メール見落とし等によるトラブルの発生
  • 担当引継後の前担当者の連絡履歴が残らない

顧客管理システムを使わない派遣会社の場合、新たに案件を受注する度に仕事内容にマッチした派遣スタッフ一人ひとりに派遣会社から連絡を取る必要があり、せっかくの案件を十分に稼働させられない可能性があります。取引先との連絡は営業担当者ひとりに集約されてしまいがちで、メールの見落としからのトラブルにもつながりやすいです。また、取引先の担当を他の誰かに引き継ぐ場合、顧客管理システムを使っていない派遣会社では前任担当者が取引先とどのような連絡をやり取りしていたのかというデータを正確に引き継ぐことができません。

顧客管理機能を搭載した派遣管理システムには、システムに登録された案件情報(勤務地、勤務期間、要件など)とスタッフ情報(希望勤務地、希望職種、職歴、資格など)に基づいてAIが自動で案件を打診してくれるものがあるため、派遣会社側の工数を大幅に削減することができます。

契約管理

  • データ紛失、流出のリスク
  • 契約内容確認の手間がかかる
  • 関連業務の工数がかかる

派遣会社の契約管理の大きな課題が、膨大な量の契約関連書類をファイリングして保管する工数です。契約管理システムを導入していない派遣会社の場合、取引先の担当者のみが契約書類を保持している(PCのデスクトップにダウンロードしている等)という属人的な書類管理になりがちで、情報紛失・流出が起こりかねません。ビジネス成長のために本当に必要な営業活動などのコア業務に時間を割くためにも、契約関連書類は可能な限り効率的に管理し、いつでも誰でも必要な情報に適宜アクセスできるような環境を整える必要があります。

契約管理機能を搭載した派遣管理システムを導入すれば、セキュアなサーバー上あるいはクラウド上に契約書等のデータを保管することができるため、情報紛失・流出のリスクを減らすことができます。

勤怠管理

  • スタッフひとりひとりの稼働状況がわからない
  • スタッフの空きシフトが分からず案件が紹介できない
  • 締め作業の工数がかかる

勤怠管理システムを導入していない派遣会社の場合、スタッフ一人ひとりの稼働状況を把握することは不可能です。特に単発や日雇いなどの案件を取り扱っている派遣会社の場合、登録スタッフの勤務スケジュールが把握できないため、どのスタッフに打診すれば良いのかわかりません。さらに膨大な量のスタッフの勤務情報を目視や手作業で計算して、給与を決定したり取引先に請求する必要もあります。

勤怠管理機能を搭載した派遣管理システムを導入すれば、派遣スタッフの打刻情報に基づいて、スタッフ一人ひとりの稼働状況がリアルタイムかつ一覧で把握できるように。さらに、派遣管理システムには勤怠管理機能と給与・請求管理機能が連動しているものが多く、工数削減につながります。

給与・請求管理

  • 締め作業の工数がかかる
  • 各派遣先への請求書発送の工数
  • 手作業によるヒューマンエラーのリスク

給与・請求管理システムを導入していない派遣会社の場合、派遣スタッフの勤務実績に基づいて給与を支払い、派遣先企業に派遣費用を請求するという作業が、全て手作業・手入力で行わなければならないため、非常に膨大な労力と時間が必要です。各派遣先への請求書発送の工数や計算間違いや見落としなどのヒューマンエラーなどの問題も同時に浮上します。

給与・請求管理機能が搭載された派遣管理システムは、その多くが勤怠管理機能も標準装備されているケースが多く、入力された勤怠データに基づいてスタッフごとの給与算出や取引先ごとの請求書発行を自動で行ってくれます。

派遣管理システムを導入するにあたり、具体的にシステムのどのようなポイントに注目すればよいのでしょうか。
失敗しないシステム選びのために抑えておきたいポイントを、「法改正への対応」「e-Govとの連携」「検索機能の充実」「安定したサポート体制」の4つに分けて紹介します。

法改正への対応

法改正への対応

事業に成功するための派遣管理システムを選ぶ上で、「どのくらい柔軟に法改正に対応できるシステムか」というポイントは非常に重要です。なぜなら、人材派遣業界の歴史は、労働法や派遣法の法改正の歴史と言い換えることができるほど法律と密接に関係しているからです。

e-Govとの連携

e-Govとの連携

人材派遣ビジネスを営む上で有効に活用したいのが、e-Gov(イーガブ)と呼ばれる制度です。e-Govとは、総務省管轄の行政情報ポータルサイトのことで、2003年に開かれた各府省情報化統括責任者連絡会議で提出された「電子政府構築計画」に基づいて、利用者本位の行政サービスの提供」と「予算効率の高い簡素な政府の実現」を目的として構築された制度です。

検索機能の充実

検索機能の充実

派遣管理システムの機能の中で特に欠かせないのが、登録した情報を後から検索する機能です。登録した派遣スタッフの情報はもちろん、派遣管理システムには取引先の顧客情報や取引先との契約情報、さらには派遣スタッフの勤怠情報なども管理・検索可能なシステムもあります。システムの管理機能の利便性を見極めるポイントを、スタッフ検索機能と顧客検索機能に分けて紹介します。

安定したサポート体制

安定したサポート体制

派遣管理システムの導入を検討する上で、導入時のサポート、また導入後の運用サポートが充実したシステムを選ぶことは、後々の使いやすさや業務効率を左右する重要なポイントです。サポートの充実度を見極めるポイントを、導入サポートと運用サポートに分けて紹介します。