業務効率化に繋がる派遣管理システムナビゲーション » 派遣管理の知っておきたい基礎知識 » 派遣社員の定着率を上げるには?
【派遣会社向け】

派遣社員の定着率を上げるには?
【派遣会社向け】

公開日: |更新日:

派遣会社にとって派遣社員の定着率が下がることは重要な問題です。派遣定着率を改善する方法について紹介します。

派遣社員の定着率について

定着率とは、入社から一定期間を経ても働き続けている従業員の割合を表す指標のことです。定着率の計算方法に明確な定義はありません。一般的に公表されているものは「社員の入社〇年後の定着率」で、採用した社員が〇年後に何パーセント残っているかを示したものです。

派遣社員の定着率が下がる理由

派遣社員の定着率が下がる理由を考える際は、派遣社員の働き方の課題について注目する必要があります。派遣社員は労働移動率の高い有期雇用者が多く、数年でキャリアチェンジを希望する人が多くいます。

契約時のマッチングに問題があり、スキル不足などの理由で派遣契約を中断されるケースも。また、派遣社員の中には派遣の就業形態の悩みを抱えたり、働きづらさを感じていたりする人も多いです。このような派遣社員特有の課題によって、派遣社員が想定より早期に離職するケースが多いと考えられます。

【派遣元】派遣社員の定着率が下がる場合のリスク

派遣先の評価が下がる

派遣社員が契約期間を全うせず離職してしまうと、派遣会社と派遣先で結んだ労働者派遣契約が履行できません。そのため、自社の派遣社員の定着率が悪い状態が続くと当然派遣先からの評価は下がってしまいます。今後の取引のチャンスを失うなど、派遣会社にとって大きな影響が出る可能性があります。

派遣コストの回収ができない

派遣会社は、派遣社員を派遣するまで派遣先の開拓や案件掘り起こし、人材の募集、派遣先への提案などさまざまな営業活動を行っています。派遣社員が定着しない場合、営業活動でかかったコストの回収ができません。

また、派遣社員が就業しなければ派遣先から派遣料は支払われることはなく、予定していた売上も立たないことになります。

派遣先でのリスクは?

派遣先が派遣社員を採用する理由のひとつは、人手不足による迅速な人員補充です。労働力を必要としている現場で派遣社員がすぐ離職してしまえば、予定していた生産活動ができずに生産性が落ちてしまいます。

また、誰かが早期離職した人員が行っていた作業をカバーすることになります。場合によっては時間外労働が増えたり、ほかの業務に支障が出たりするでしょう。チーム全体の士気が下がってしまい、更に離職者を出すという負のスパイラルに陥ってしまう可能性もあります。

派遣社員の定着率を上げるには?

スキルのミスマッチの抑制

派遣労働者の技術が派遣先にマッチしていなかったという理由で派遣契約が中断してしまう場合があります。しかし、派遣契約が成立しているということは、書面上ではスキルのミスマッチはなかったはずです。

この場合、派遣会社が派遣先の業務で実際に必要とされるスキル要件を正確に把握していなかったことがミスマッチの原因のひとつとして挙げられます。派遣先の業務内容をしっかり理解し、精度の高いマッチングを行う必要があります。

派遣先・派遣会社が連携してフォローする

派遣定着率を改善させるには、派遣先と派遣会社が連携してフォローすることが大切です。派遣先での不満や問題点、ちょっとした勤怠不良などについて、派遣先との情報交換で早期発見できれば離職を食い止めることが可能です。

派遣社員の業績やパフォーマンスを評価し派遣社員や派遣元にフィードバックすることや、派遣社員とのコミュニケーションを円滑に行うことは派遣社員のモチベーションアップにもつながります。

派遣社員の定着率を確認する方法は?

派遣社員の派遣定着率を確認するには、派遣先ごとの「期間内定着率」を把握する必要があります。期間内定着率の計算例を紹介します。

    【去年1年間を対象とし、3ヶ月の定着率を見る場合】

  1. 去年1年間の〇社△部署への派遣人数合計は10名
  2. うち、就業開始から3ヶ月以内に離職した人数は2名
  3. 「(1-②÷①)×100」で3ヶ月以内の定着率を算出
  4. 「1-2÷10×100」という計算で、3ヶ月以内の期間内定着率は80%、離職率は20%ということが分かる
参照元:京栄コンサルティング(https://kyoei-consulting.com/column/haken-retention-rate/#index_id4
ENGLISH TITLE
 
【e-Gov対応】
売上アップ・業績拡大を目指す
派遣会社向けの管理システム4選

「スタッフ管理」「顧客管理」「契約管理」「勤怠管理」「給与・請求管理」が一括で対応でき、尚且つe-Govとの連携がなされているシステムを厳選。単純なシステム比較だけでは見極めきれない使いやすさについて、データの取り込みや連携、サポート体制など、さらに踏み込んだ項目を比較してみました。(2021年1月調査時点の情報です)

▼横にスクロールできます▼

  派遣管理に必要な機能がオールインワン 派遣から紹介までワンストップで管理 無料で利用できるヘルプデスクを用意 オプションによる拡張機能が充実
 
The Staff-V
STAFF EXPRESS
マッチングッド
オルディア
機能
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
特長 基本的な機能だけではなく、データのインポート・エクスポート、マイナンバー管理機能など、人材派遣ビジネスに必要な機能を標準装備している。 人材紹介や業務請負委託などのビジネスの業務管理にも対応したシステム。ユーザーの要望に合わせて有償でカスタマイズも可能。 システムを導入したユーザーが無料で利用できるヘルプデスクを設置。導入事例に基づいた最適な項目設定を案内する。 オプションでWeb上で勤怠管理を完結させる機能や、スタッフのマイナンバーを登録・帳票出力する機能、マイページ機能などの便利機能を拡充できる。