業務効率化に繋がる派遣管理システムナビゲーション » 派遣管理システムとは?導入する前に知っておくべき事

派遣管理システムとは?
導入する前に
知っておくべき事

公開日:|更新日:

派遣管理を効率化するには、たくさんの登録者の情報や企業からのニーズを一元管理しなくてはいけません。ここでは、そのために活用できる派遣管理システムについて紹介していきます。

派遣管理システムとは?

派遣管理システム導入によってできること

管理にかかる工数の大幅な削減

派遣管理システムの導入による代表的なメリットが、管理にかかる工数の大幅な削減です。派遣会社には多数のユーザーが登録をしており、そのニーズやプロフィールはさまざまです。加えて、派遣会社に人材派遣を求める企業のニーズもやはり多種多様なもの。これらの膨大な情報を管理・運用していくには、やはり膨大な労力がかかります。実際人材派遣会社では社員1名が10名以上の求職者のキャリアコンサルティングを担当していることも珍しくないのです。

しかし、派遣管理システムを導入すれば効率的なコンサルティングができるようになるのはもちろんのこと、社員の持つ情報の共有やマネージャーによる目標予実管理もやりやすくなるでしょう。

求職者と求人企業の情報の活用

派遣会社には、求職者や求人企業に関する膨大な情報が蓄積されています。しかし、これらの情報はただ蓄積するだけでは活用できません。業務改善はもちろんのこと、見込み求職者や企業の掘り起こしを行うなどして、はじめて活用できるのです。派遣システムを導入すれば、これらの情報をより活用できるようになるでしょう。

派遣管理システムについて知っておきたいこと

派遣管理システムを最大限に活用するためには、事前に知っておいたほうがいいことがいくつかあります。ここでは、その中から代表的なものを4項目ピックップして解説していきましょう。

派遣管理システムが使いづらい!対策はある?

派遣管理システムを導入したのはいいけれど、どうにも使いづらいということもあるかもしれません。そうしたときには、まずシステム提供会社に相談してみましょう。提供会社側のフォローがあれば、システムの効率的な運用方法や操作方法を教えてくれる戸tがあります。また、システムに不具合があった場合も、提供会社に知らせることでバージョンアップをしてくれる場合もあります。使いづらさや不具合を抱えたまま使い続けるのではなく、まずは相談してみましょう。

派遣管理システムで年末調整もしやすくなる?

派遣管理システムを導入すれば、求職者や求人企業の情報だけでなく、年末調整もしやすくなります。派遣管理システムは、登録情報の管理だけでなく通常の給与計算もできるのですが、ほかのツールのような対象者の絞り込み作業が必要ありません。そのため、年末調整の作業を大幅に省力化できるのです。加えて、申告もシステム上で行うことが可能なのでいちいち書類として提出する必要がなくなり、ペーパーレス化にも貢献できます。

派遣管理システムで注意するべきポイントは?

派遣管理システムを導入したからと言って、無条件でその機能のすべてを使いこなしスムーズな管理・運用ができるようになるわけではありません。コストを投じて導入するからには、せっかくのシステムを使いこなせるように操作方法について学ぶ必要があります。また、システム使用者が異動などでいなくなってしまったときのために手引書などのマニュアルを残しておくことも大切です。

派遣管理システムで管理コストは削減できる?

派遣管理システム導入による代表的なメリットが、管理コストの削減です。派遣システムがあれば膨大な求職者や求職企業の情報を簡単に把握でき、必要なときに必要な情報に素早くアクセスできるようになるのです。そのため、人的・時間的コストを大幅に削減することができ、生産性の高い派遣業務を行うことができるようになります。

派遣管理システムを導入するメリット・デメリット

派遣管理システムにはメリットもあればデメリットもあります。

導入にあたっては、メリットだけで判断するのではなくデメリットへの理解も重要です。決してどちらか一方だけでは判断できません。

導入して後悔しないためににも、デメリット面への理解も重要です。メリット・デメリットの双方を理解し、それでも導入時のメリットが魅力的だと判断できるのであれば導入を検討してみましょう。

電子帳簿保存法とは?人材派遣契約書の電子化について

電子帳簿保存法は1998年より施行されており、改正によって電子取引に関わるデータ保存の義務化が盛り込まれています。準備などのために2023年12月末では従来通り紙ベースも可能でしたが、2024年からは本格的に電子化がスタート。

中小企業も対象に!60時間超の残業の割増賃金率が50%へ

2023年4月より中小企業も60時間越えの時間外労働の割増賃金率が50%以上と引き上げられます。労働環境の改善によって、人材確保がしやすくなるなどのメリットが期待できるでしょう。ただ企業の負担軽減のためには業務効率化などを見直す必要があります。

有給管理を派遣管理システムで行うメリット

派遣社員の所定労働時間や勤務年数に応じて、年次有給休暇を付与しなければなりません。さらに「年10日以上の年次有給休暇を付与される労働者は、年5日の有給休暇取得を義務付ける」という定めもあり、正確な有給管理が必要。派遣管理システムでは、一元管理ができるうえ各派遣社員の有給取得状況を確認できます。

人材業界のテレワーク導入のために派遣管理システムは活用できる?

人材業界でもテレワーク導入が進められています。テレワークを実現できればコスト削減が期待できるうえ、優秀な人材の確保にもつながります。また、派遣管理システムを導入すれば、勤務状況の管理や給与明細の発行もスムーズに行えます。

2024年も行われる?社会保険の適用拡大について

2024年の社会保険の適用拡大によって、派遣元会社はどのような点に気をつけなくてはならないのでしょうか。現在の制度との変更点や派遣社員を雇用する会社側が注意すべきポイントについて解説しています。

派遣元会社が知っておくべき給与のデジタル払い

スマホのキャッシュレス決済サービスを利用して給与の支払いができるデジタル給与制度。導入の背景を知りながら、給与デジタル払いの具体的な開始日について調べました。派遣会社が注意すべき点や今後の対応についてもまとめています。

派遣管理システム選びで失敗することはある?

派遣管理システムの導入で失敗する原因は多岐にわたっています。システムを使える社員がいない、ソフトが自社に適していない、必要な機能が揃っていないなどが挙げられます。システム導入の失敗を回避するためには、自社のニーズにあった製品を選ぶことが大切です。

【派遣元向け】抵触日の管理に派遣管理システムは使える?

派遣元での抵触日管理は取り扱うデータ膨大になると、業務が煩雑になり、抵触日を見落としたり、通知を忘れたりするなどヒューマンエラーが発生しやすくなります。派遣管理システムを導入すれば、一元管理によって業務を効率化し、ミスや漏れを回避しやすくなります。

パッケージシステムとは?派遣管理システム基礎知識

パッケージシステムは、完成状態にある派遣管理システムのことです。独自開発システムと比較してスピーディに導入できるほか、導入費用を抑えられるメリットがあります。一方、搭載機能はあらかじめ決まっているため、機能の取捨選択をできない点がデメリットといえます。

外国人派遣管理で派遣管理システムは使える?

外国人を雇用する際は、パスポートや在留資格を確認し、厚生労働省など関係機関へ届け出を提出する必要があります。情報管理が複雑になりやすいので、派遣管理システムの導入も検討したほうがよいでしょう。在留資格や期間などの情報管理を一元化すれば、業務効率化とコストカットが可能になります。

派遣管理デスクと
派遣管理システムの違いとは

派遣管理デスクは、派遣社員の情報管理を委託できるアウトソーシングサービスのことです。派遣管理システムと違い、自社で派遣社員の情報を管理しなくてよいのが特徴。ただし、委託料金がかかるほか、自社に派遣管理のノウハウを蓄積できないなどのデメリットが存在します。

IT導入補助金で
派遣管理システムを導入するには

派遣管理システムを導入する際、IT導入補助金が利用できる可能性があります。導入費用の一部が補助されますので、コストを抑えたい場合は検討してみましょう。なお、交付を受けるにはIT導入補助金事業者を通す必要があります。

労働者派遣事業報告書の
作成について

年に1回提出が義務付けられている書類で、派遣労働者の労働環境改善を目的としています。この書類提出は義務のため期日に遅れる・虚偽の申請があるなどが判明すれば、状況に応じて罰則を科されるので注意が必要です。

派遣元管理台帳とは?
保管・期限について

派遣元管理台帳の作成・保管は義務です。3年間の保管が必要で、現在では管理方法が紙ベースでもデータベースでも認められています。記載項目も定められていますが、派遣法が改正されて追加項目も増えているので注意しましょう。

派遣管理システムはセキュリティ強化にも役立つ?

個人情報などの各種データは厳重な管理が求められますが、派遣管理システムを導入すればセキュリティを強化可能です。システムによっては、データの暗号化や、ユーザーごとに閲覧権限の設定を変更できますので、導入してみるとよいでしょう。

派遣管理システムとRPAの違いについて

派遣管理システムはソフトウェアであるのに対し、RPAはソフトウェアを処理するロボットという違いがあります。いずれも業務効率化や生産性向上などに寄与しますが、導入する際はコストや業務量によって選びましょう。

おすすめの派遣管理システムは?

ここまで、派遣管理システムの概要について紹介してきました。このサイトではトップページでは、自社の目的別にあわせた派遣管理システムを紹介しています。派遣管理システムの導入を検討している人は是非ご参考ください。

ENGLISH TITLE
 
【e-Gov対応】
売上アップ・業績拡大を目指す
派遣会社向けの管理システム4選

「スタッフ管理」「顧客管理」「契約管理」「勤怠管理」「給与・請求管理」が一括で対応でき、尚且つe-Govとの連携がなされているシステムを厳選。単純なシステム比較だけでは見極めきれない使いやすさについて、データの取り込みや連携、サポート体制など、さらに踏み込んだ項目を比較してみました。(2021年1月調査時点の情報です)

▼横にスクロールできます▼

  派遣管理に必要な機能がオールインワン 派遣から紹介までワンストップで管理 無料で利用できるヘルプデスクを用意 オプションによる拡張機能が充実
 
The Staff-V
STAFF EXPRESS
マッチングッド
オルディア
機能
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
  • スタッフデータ
    取り込み
  • 顧客データ
    取り込み
  • 勤怠データ
    取り込み
  • CSV
    エクスポート
  • クラウド
    対応
  • 訪問サポート
    対応
特長 基本的な機能だけではなく、データのインポート・エクスポート、マイナンバー管理機能など、人材派遣ビジネスに必要な機能を標準装備している。 人材紹介や業務請負委託などのビジネスの業務管理にも対応したシステム。ユーザーの要望に合わせて有償でカスタマイズも可能。 システムを導入したユーザーが無料で利用できるヘルプデスクを設置。導入事例に基づいた最適な項目設定を案内する。 オプションでWeb上で勤怠管理を完結させる機能や、スタッフのマイナンバーを登録・帳票出力する機能、マイページ機能などの便利機能を拡充できる。